[新技術]厚板ハードスポット検査技術紹介

ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が2016年の世界非破壊検査会議(WCNDT2016、ミュンヘン)にて鉄鋼分野における渦流探傷技術の新技術開発の一例として、厚板ハードスポット検査技術のプレゼンテーションを行いました。

「渦電流を用いた厚板ハードスポット検査技術の開発」英語要旨
(元タイトル「Development of an Eddy Current based Inspection Technique for the Detection of Hard Spots on Heavy Plates」)PDFIcon_

「渦電流を用いた厚板ハードスポット検査技術の開発」英語要旨(元タイトル「Development of an Eddy Current based Inspection Technique for the Detection of Hard Spots on Heavy Plates」)

本技術はドイツ・ディリンジャー社(Dillinger Huette AG)との共同開発技術であり、弊社と致しましては、この技術を鉄鋼業の皆様に広くご活用いただくことで更なる品質向上に微力ながら貢献させていただき、その先に安全なエネルギー供給が実現されることを意図しております。

本技術及び本技術を台車の形に落とし込んだトロリー型の厚板ハードスポット検査機ELOTEST HSTに関するお問い合わせは、お問い合わせフォーム、お電話03-6715-9007あるいは電子メールでsales@rohmann.co.jp(担当:ローマン・ジャパン株式会社 技術営業)までお気軽にご連絡賜れますと幸いです。

[展示会]ドイツ本社Fastener Fair(シュトゥットガルト)出展情報

1977年の創業以来、航空業界を始めとした様々な分野で渦電流を用いた非破壊検査ソリューションをご提案している実績を持ち、本年で創業40周年を迎えるドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が、ねじ・ボルト・ナット等に関連する技術が一堂に会するFastener Fair Stuttgart 2017(2017年3月28日~30日、ドイツ・シュトゥットガルト)に出展致します。

Fastener Fair Stuttgart 2017出展情報(ドイツ・ローマン社[Rohmann GmbH]、ホール1・小間番号856)

Fastener Fair Stuttgart 2017ロゴ

[新製品]厚板ハードスポット検査機

新製品となる、厚板ハードスポット検査機の販売を開始致しました。

HST_360x240

業界で唯一、鋼板に局所的に発生するハードスポットを高精度で検出することが可能です。

昨年来、ドイツの大手鉄鋼メーカーと共同で開発を進めて着実に実績を重ね、この度日本の皆様にもご紹介する運びとなりました。

御社の厚板品質向上に必ずやお役に立てると考えております。

製品詳細ページ:厚板ハードスポット検査機

製品カタログ(英語版):カタログPDFリンク

詳しくは是非お問い合わせ(担当:技術営業 斎藤康也)ください。

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら2016年12月29日(木)から2017年1月3日(火)まで
年末年始休業とさせていただきます。

新年は1月4日(水)から通常通り営業致します。

休業期間中のお問い合わせは下記のフォーム、
あるいはsales@rohmann.co.jpまでよろしくお願い致します。

お問い合わせ

お見積依頼

サンプル検査依頼

ELOTEST B1専用アフターサービス受付窓口

休業期間中にいただいたお問い合わせは、緊急の場合を除き
1月4日(水)以降、順次ご対応させていただきます。

期間中、お客様には大変ご不便をお掛けし恐縮ですが
何とぞご寛容のほど、よろしくお願い申し上げます。

[展示製品紹介]パーキングロックギヤ表面硬さ選別

ローマン・ジャパン株式会社がJIMA2016総合検査機器展にて展示する製品のご紹介第三弾「パーキングロックギヤ表面硬さ選別デモ」です。

パーキングロックギヤ表面の硬さを、貫通型渦流探傷コイル内に設置するただけで瞬時に検査可能です。
手動検査の他、自動検査、ライン投入も可能です。

パーキングロックギヤ表面硬さ選別

詳細は是非当日お越しいただいた際に説明員にお尋ねください。
是非多くのお客様にお越しいただけることを楽しみにしております。

展示会名:JIMA2016総合検査機器展
会期:2016年9月28日(水)~30日(金)3日間
会場:東京ビッグサイト東5、6ホール
小間番号:J-01(東5ホールの入り口を入ってすぐ左手です)
出展社情報ページ:https://www.fsbi-prom.jp/united2016/usr_detail.php?ucd=60

ご不明点がございましたらお問い合わせページまたはsales@rohmann.co.jpまでご連絡くださいますと幸いです。

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

[展示製品紹介]8周波ピン硬さ選別

ローマン・ジャパン株式会社がJIMA2016総合検査機器展にて展示する製品のご紹介第二弾「8周波を用いたピン硬さ選別デモ」です。

ピン表面の硬さ、焼き入れ状態の良否選別を8つの異なる周波数を同時に用いることで高精度で行います。

是非多くのお客様にお越しいただけることを楽しみにしております。

展示会名:JIMA2016総合検査機器展
会期:2016年9月28日(水)~30日(金)3日間
会場:東京ビッグサイト東5、6ホール
小間番号:J-01(東5ホールの入り口を入ってすぐ左手です)
出展社情報ページ:https://www.fsbi-prom.jp/united2016/usr_detail.php?ucd=60

ご不明点がございましたらお問い合わせページまたはsales@rohmann.co.jpまでご連絡くださいますと幸いです。

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

[展示製品紹介]ボルト高速選別/探傷

ローマン・ジャパン株式会社がJIMA2016総合検査機器展にて展示する製品のご紹介第一弾「ボルト高速選別/探傷デモ」です。

ボルトネジ部の高速硬さ選別と鋼リングの探傷を同時に行います。

是非多くのお客様にお越しいただけることを楽しみにしております。

展示会名:JIMA2016総合検査機器展
会期:2016年9月28日(水)~30日(金)3日間
会場:東京ビッグサイト東5、6ホール
小間番号:J-01(東5ホールの入り口を入ってすぐ左手です)
出展社情報ページ:https://www.fsbi-prom.jp/united2016/usr_detail.php?ucd=60

ご不明点がございましたらお問い合わせページまたはsales@rohmann.co.jpまでご連絡くださいますと幸いです。

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

[展示会]JIMA2016総合検査機器展に出展します。

来月、下記の展示会に出展致します。

展示会名:JIMA2016総合検査機器展
開催期日:2016年9月28日(水)~30日(金)
会場:東京ビッグサイト
小間番号:J-01
詳細情報:JIMA2016出展社詳細情報(ローマン・ジャパン株式会社)(イージーテストソリューション株式会社と共同出展)

今後、本ウェブサイトで出展機器の情報等をお知らせしていきます。

是非多くのお客様とお会いできることを楽しみにしております。

[展示会]ドイツ本社WCNDT出展情報

1977年の創業以来、航空業界を始めとした様々な分野で渦電流を用いた非破壊検査ソリューションをご提案している実績を持つ、ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が、4年に1度開催される世界最大の非破壊検査関連展示会であるWCNDT(2016年6月13日~17日、ドイツ・ミュンヘン)に出展いたします。

WCNDT出展情報(ドイツ・ローマン社[Rohmann GmbH]、小間FE 41)

RohmannWCNDT

会期は本日から5日間です。

是非会場で多くの皆様とお会いできますことを、心より楽しみにしております。

航空機エンジンタービンブレード検査

2016年5月27日に羽田空港で航空機から発火した事故について、エンジン部品の損傷が原因であるとの報道がなされています。

大韓航空機 左エンジンのタービン 複数の部品が破損(NHKニュース)

航空機は機体とエンジンの双方について、定期的に分解などを伴う点検が義務付けられております。
今回の事故原因と報道されているブレードについても点検義務が当てはまります。

点検項目には各種非破壊検査も含まれ、ローマン社が製造している渦流探傷器もそのような検査に用いられております。

下記はタービンのブレード表面を検査しているデモの様子です。
渦流探傷により非破壊でブレード表面の微小な欠陥を検出することが可能です。

ブレード表面の損傷や軽微な欠陥の見落としは、エンジン動作時に回転して高エネルギー状態にあるブレードに起因する大事故に発展する恐れが十分にあります。
今回の事故原因については詳細な調査結果を待つ必要がございますが、皆様に引き続き安全な空の旅をお楽しみいただくため、徹底した再発防止策を取っていただきたいと切に願います。