[展示会]非破壊評価総合展レポート掲載

弊社が出展した「第8回 非破壊評価総合展(メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017内)」にて株式会社アペルザ様発行の展示会レポートにオススメ企業として掲載されました。

超音波探傷検査などのサービスが集結、第8回 非破壊評価総合展特集(ascii.jp)

上記に掲載された「シャフト寸法焼き入れ同時検査装置」やその他の装置、センサに関するお問い合わせはお問い合わせフォーム、sales@rohmann.co.jpまたは03-6715-9007までお願い致します。

出展製品紹介第3弾「チューリッププローブによるボルト頭部探傷」

チューリッププローブボルト頭部割れ検査デモ機出展

チューリッププローブによるボルト頭部割れ検査のデモ機を出展致します。

チューリッププローブ1

検査の仕組み

チューリッププローブがボルト頭部を覆うように回転し、頭部表面割れを検出します。

チューリッププローブ2

既存の手法に対するアドバンテージ

チューリッププローブがボルトと同軸で高精度に回転するため、搬送装置側でプローブと検査対象物のクリアランスを高精度に制御する必要がなくなりました。

チューリッププローブ3

頭部とフランジの同時検査が可能

チューリッププローブにはセンサコイルを頭部及びフランジの2箇所に搭載することが可能です。そのため、頭部及びフランジの表面割れ検査を同時に行うことができます。頭部あるいはフランジのみを検査することも可能です。もちろんお客様のボルト寸法に合わせて合致するプローブをいちから設計製造致します。

チューリッププローブ4

出展製品紹介第2弾「高速ねじ硬さ選別」

ローマン社製渦流探傷装置による高速ねじ硬さ選別のデモ機を出展致します。

高感度センサと高性能渦流探傷装置を組み合わせることで毎秒200個以上(!)の高速異材選別(硬さ、寸法など)を実現しました。

また、新製品PL600により、良品の学習がより簡単に、また渦流探傷信号表示が更に見やすくなりました。

是非展示会場にお越しになり、操作が簡単になった高速硬さ選別の威力をご覧ください。

出展詳細:

展示会:非破壊評価総合展2017(メンテナンス・レジリエンスTOKYO2017内)
日程:2017年7月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト東ホール
ブース:2A-16(東2ホール入口すぐ左)
ウェブサイト:https://www.jma.or.jp/mente/outline/nde.html
事前登録URL:http://bit.ly/rohmannnde2017

出展者セミナー詳細:

日時:2017年7月19日(水)14:45~15:15
会場:出展者セミナー第2会場
タイトル:最先端インテリジェント渦流探傷の事例集 ― 自動車、鉄鋼を中心に
予約:展示会来場登録のみ。当日お時間までにお越しください。

——–【講演詳細】————————
ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が渦流探傷専門メーカーとして
40年の歴史で培った知識と技術を基に、世界最高レベルの
非破壊検査ソリューションを具体的な事例集とともにお伝えします。
表面微細欠陥検査、視認不可能な表層欠陥検査、
超高速(200個/秒以上!)高速異材選別など、
お客様のご要望にお答えするだけでなくご期待を上回るご提案を差し上げます。
コンパクトな19インチラック筐体、使いやすいボタン配置といった
ハードウェアだけでなく、検査結果のリアルタイム2次元マッピング、
直感的な操作が可能なメニュー階層といったソフトウェア機能においても
お客様の品質管理を高コストパーフォーマンスで実現致します。
——————————————————–

出展製品紹介第1弾「EMDC」

EMDC(ElectroMechanical Distance Compensation/表面追従渦流探傷センサシステム)は業界唯一、非円形断面検査体の表面割れを高速高感度で検出する自動センサ距離補正システムです。

真円でない検査対象物(冷間鍛造部品など)や真直でない検査対象物(丸棒、鋼管など)の表面を渦流探傷センサが検査する際、複雑な設定を一切することなく、センサが自動で距離を認識してクリアランスを一定に保ちます。

今まで渦流探傷が適用できなかった部品や製品に対して応用範囲を格段に広げることとなる画期的な製品です。

是非展示会場にお越しになり、その目でEMDCの性能をお確かめください。

出展詳細:

展示会:非破壊評価総合展2017(メンテナンス・レジリエンスTOKYO2017内)
日程:2017年7月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト東ホール
ブース:2A-16(東2ホール入口すぐ左)
ウェブサイト:https://www.jma.or.jp/mente/outline/nde.html
事前登録URL:http://bit.ly/rohmannnde2017

出展者セミナー詳細:

日時:2017年7月19日(水)14:45~15:15
会場:出展者セミナー第2会場
タイトル:最先端インテリジェント渦流探傷の事例集 ― 自動車、鉄鋼を中心に
予約:展示会来場登録のみ。当日お時間までにお越しください。

——–【講演詳細】————————
ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が渦流探傷専門メーカーとして
40年の歴史で培った知識と技術を基に、世界最高レベルの
非破壊検査ソリューションを具体的な事例集とともにお伝えします。
表面微細欠陥検査、視認不可能な表層欠陥検査、
超高速(200個/秒以上!)高速異材選別など、
お客様のご要望にお答えするだけでなくご期待を上回るご提案を差し上げます。
コンパクトな19インチラック筐体、使いやすいボタン配置といった
ハードウェアだけでなく、検査結果のリアルタイム2次元マッピング、
直感的な操作が可能なメニュー階層といったソフトウェア機能においても
お客様の品質管理を高コストパーフォーマンスで実現致します。
——————————————————–

[展示会]非破壊評価総合展2017出展(詳細)

下記の通り非破壊評価総合展2017に出展致します。

展示会:非破壊評価総合展2017(メンテナンス・レジリエンスTOKYO2017内)
日程:2017年7月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト東ホール
ブース:2A-16(東2ホール入口すぐ左)
ウェブサイト:https://www.jma.or.jp/mente/outline/nde.html
事前登録URL:http://bit.ly/rohmannnde2017

多くのお客様にお会い出来ることを心より楽しみにしております。

初日に製品及び事例紹介を行うプレゼンテーションを行う予定です。
本年発売を開始致しました自動渦流探傷装置PL600のご紹介も含め
ドイツ・ローマン社が、自動車や鉄鋼を始めとした様々な分野で
お客様の品質管理に貢献してきている実績をご紹介させていただきます。

日時:2017年7月19日(水)14:45~15:15
会場:出展者セミナー第2会場
タイトル:最先端インテリジェント渦流探傷の事例集 ― 自動車、鉄鋼を中心に
予約:展示会来場登録のみ。当日お時間までにお越しください。

——–【講演詳細】————————
ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が渦流探傷専門メーカーとして
40年の歴史で培った知識と技術を基に、世界最高レベルの
非破壊検査ソリューションを具体的な事例集とともにお伝えします。
表面微細欠陥検査、視認不可能な表層欠陥検査、
超高速(200個/秒以上!)高速異材選別など、
お客様のご要望にお答えするだけでなくご期待を上回るご提案を差し上げます。
コンパクトな19インチラック筐体、使いやすいボタン配置といった
ハードウェアだけでなく、検査結果のリアルタイム2次元マッピング、
直感的な操作が可能なメニュー階層といったソフトウェア機能においても
お客様の品質管理を高コストパーフォーマンスで実現致します。
——————————————————–

併せて、多くのお客様に起こしいただけることを心待ちにしております。

NDE2017

ご不明点がございましたら、どのようなことでもお問い合わせフォーム
あるいはsales@rohmann.co.jp/03-6715-9007へご連絡を賜れますようお願い申し上げます。

[展示会]非破壊評価総合展2017出展(予告)

下記の通り非破壊評価総合展2017に出展致します。

詳細が決定次第改めてご連絡差し上げます。

展示会:非破壊評価総合展2017(メンテナンス・レジリエンスTOKYO2017内)
日程:2017年7月19日(水)~21日(金)
会場:東京ビッグサイト東ホール
ブース:未定(決定次第お知らせします)
来場事前登録フォーム:準備中

多くのお客様にお会い出来ることを心より楽しみにしております。

また初日に製品及び事例紹介を行うプレゼンテーションを行う予定です。
本年発売を開始致しました自動渦流探傷装置PL600のご紹介も含め
ドイツ・ローマン社が、自動車や鉄鋼を始めとした様々な分野で
お客様の品質管理に貢献してきている実績をご紹介させていただきます。

日時:2017年7月19日(水)14:45~15:15
会場:出展者セミナー第2会場
タイトル:調整中
予約:不要。当日お時間までにお越しください。

併せて、多くのお客様に起こしいただけることを心待ちにしております。

NDE2017

ご不明点がございましたら、どのようなことでもお問い合わせフォーム
あるいはsales@rohmann.co.jp/03-6715-9007へご連絡を賜れますようお願い申し上げます。

[新技術]厚板ハードスポット検査技術紹介

ドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が2016年の世界非破壊検査会議(WCNDT2016、ミュンヘン)にて鉄鋼分野における渦流探傷技術の新技術開発の一例として、厚板ハードスポット検査技術のプレゼンテーションを行いました。

「渦電流を用いた厚板ハードスポット検査技術の開発」英語要旨
(元タイトル「Development of an Eddy Current based Inspection Technique for the Detection of Hard Spots on Heavy Plates」)PDFIcon_

「渦電流を用いた厚板ハードスポット検査技術の開発」英語要旨(元タイトル「Development of an Eddy Current based Inspection Technique for the Detection of Hard Spots on Heavy Plates」)

本技術はドイツ・ディリンジャー社(Dillinger Huette AG)との共同開発技術であり、弊社と致しましては、この技術を鉄鋼業の皆様に広くご活用いただくことで更なる品質向上に微力ながら貢献させていただき、その先に安全なエネルギー供給が実現されることを意図しております。

本技術及び本技術を台車の形に落とし込んだトロリー型の厚板ハードスポット検査機ELOTEST HSTに関するお問い合わせは、お問い合わせフォーム、お電話03-6715-9007あるいは電子メールでsales@rohmann.co.jp(担当:ローマン・ジャパン株式会社 技術営業)までお気軽にご連絡賜れますと幸いです。

1977年の創業以来、航空業界を始めとした様々な分野で渦電流を用いた非破壊検査ソリューションをご提案している実績を持ち、本年で創業40周年を迎えるドイツ・ローマン社(Rohmann GmbH)が、ねじ・ボルト・ナット等に関連する技術が一堂に会するFastener Fair Stuttgart 2017(2017年3月28日~30日、ドイツ・シュトゥットガルト)に出展致します。

Fastener Fair Stuttgart 2017出展情報(ドイツ・ローマン社[Rohmann GmbH]、ホール1・小間番号856)