会社概要

超高速異材選別と微細きず探傷

ドイツ・ローマン社のクオリティを日本の皆様に
ローマン・ジャパンは、航空分野の渦流探傷専門メーカーとして1977年に発足したドイツ・ローマン社の総代理店として、高性能な渦流探傷製品を日本の皆様にお届けするために設立されました。航空宇宙、自動車、鉄道、鉄鋼、金属加工、製造業など、金属等の導電体表面における欠陥検出や品質保証に関して、グローバルな実績を有しています。航空分野で培った高い品質水準と高性能センサ製造技術に立脚した超高速異材選別と微細きず探傷を大きな強みとし、他者には真似のできない高レベルな安心・安全をご提供します。

ローマン社とは
ローマン社は渦流探傷(ET=Eddy current TestingまたはElectromagnetic Testing)に特化した中規模精鋭企業です。多くのリーディングカンパニーと困難な技術課題を解決し続けている実績を有し、常に最先端のアプリケーションを提供し続けています。トレンドを創造する装置開発とイノベーティブな検査コンセプトは我々のトレードマークです。私たちの製品ラインナップは片手に収まるポータブル渦流探傷器から多くの製造ラインで同時検査を実現する複雑な検査システムまで多岐にわたっています。

お客様の満足こそが我々にとっての成功
お客様の満足を最優先することを私たちはモットーとしています。そしてそれは最適な技術アドバイスとサービスを提供すること抜きには語れません。カスタマーサービスとはフィードバックを常に受け取り続けることも意味します。そうすることで私たちは製品をより改良し、お客様のご要望にお応えすることができるのです。

品質は我々を支えるもの
ローマン社は質の高い品質管理システム(QMシステム)を有しています。DIN EN 9001に基づいて1999年にDQSによって認証され、以降も最高の国際基準を満たし続けています。その核となる三原則は、スタッフの技能を継続的に向上させること、全ての品質向上プロセスを絶え間なく開発すること、全ての技術部門を常に最高の状態に保つことです。

研究開発は未来への投資
私たちの目標は新しいアプリケーションに対するソリューションの開発と、既存のアプリケーションに対する新しいソリューションの開発です。それらを達成することで検査システムのパフォーマンス、スピード、効率の向上が実現します。そのためにローマン社は最先端の研究所、技術パートナー、応用研究の諸分野と分野を越えたコラボレーションを実施しています。

 

会社名 ローマン・ジャパン株式会社(Rohmann Japan Co., Ltd.)
代表取締役 帥 家盛
本社 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-26-11 Flos蒲田10F
Tel: 03-6715-9007(代)
創立 2012年(平成24年)6月12日
資本金 15,000,000円(2015年8月現在)
主な事業内容 ドイツ・ローマン社製渦流探傷装置の販売及び技術サポート、アフターサービス